アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
カーネルさんのチャンネル
ブログ紹介
釣りをメインに楽しむブログです。
新しいことへの挑戦を記録しながら、色々な広がりがあればと思っています。
失敗を恐れず頑張ります。
zoom RSS

モリゾーピンクのワイルドハンチ

2017/12/16 18:05
大好きな、モリゾーピンクの「 ワイルドハンチ 」。

およそ2年ぶりに新品を買う事に成功!

画像


あなたのルアーで一番のお気に入りは?の問いがあるなら、
迷うことなく答える事が出来るルアー。

それがワイルドハンチ、モリゾーピンク。


釣果実績だけではなく、キャストフィール、巻き感、回避性能と、どれをとっても抜群!

特に風に強い印象があります。

飛行姿勢が良いからなのか、よく飛びます。


ただ、入手できない期間が長くて長くて・・・。

ラス1の状況で、万が一のロストを思うと、投げたいのに投げられない日が続く中、中古のモリゾーピンクを今年の8月に発見。


1つの補充で大喜びしていたのに、今回はピッカピカの新品を大発見。


しかも2つも・・・


待ちに待ったモリゾーピンクに、気分は最高!

大物が釣れた時のように超〜うれしい!

画像


これが大好きなワイルドハンチの全て。

予備も含めて、ガッツリ準備できました。(11個って好きすぎるってwww)


これでロストを恐れず、ストラクチャー周りもガンガン攻められそうです。


「ん〜、ボトムノックも最高に気持ちいいんっすよね」。

最後にもう一言


「だから、多すぎるって・・・」


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


12月の海釣りは北風との戦いですね

2017/12/11 18:33
久しぶりの「久慈川河口シーバス狙い part4」から、こんなところに場所移動。

しかも、1投目に根掛り。

画像

どうにか回収して、「あ〜、ラインが〜」。

テトラに擦れてボロボロ。

画像

このテトラは危険ですよね。


それに、テトラに乗ったら、次の足が出せずに超〜怖かったし・・・。(乗るのはもっともっと危険)

ここでは、テキサスでボトムレンジを撃ちまくってアイナメ探し。そして一言、「じゃいあ〜ん、異常無しで〜す」。



では場所移動!




昼食後は、ちょっと沖に近付いてテキサスを撃ちまくる。

画像


まだ湾内っすけどね。


そこで午後3時、カモメの一団がどこかに移動。

画像

見た目では、天気の良い海の風景に写っていますが、強烈な北風が吹き付けて、カーネルは限界間近ってとこです。

冷たい風を受け続け、頭もガンガン。 キビシ〜


そしてラストの夕まずめは、風裏になる久慈川河口に戻り、シーバスのワンチャンスに賭ける事に。
画像


お気づきですよね・・・。


そう、ベイトシーバスロッド買っちゃいました。



それは後に置いといて、肝心の釣りは語れる事も無く、爽快なキャストフィールを楽しんで終了で〜す。

画像

寒さに震えながら、渋滞前の16:45に撤退。


「あ〜、冬の釣りは厳しいっすね」。



この日の午前中、「 久慈川河口シーバス狙い part4 」 のYouTube動画も、よろしければご覧ください。




ベイト好きのカーネルが選んだロッドは
『 ディアルーナ XR B806M POWER BAIT MODEL 』
すでにスピニングモデル ディアルーナ XR S906ML ALLROUND MODEL を使用していて、お気に入り。でっ、買うなら同じシリーズでと決めていました。



記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


ルアーチェンジでスピナベも楽々

2017/12/05 13:15
スナップでスピナベって、そのままじゃ怖いですよね。

直結びが基本のスピナベと、スナップ使用が多いハードプラグ。

両者間でルアーチェンジが簡単に済めば、どれほど楽で、チャンスが増えるか。

そこで色々試して行く中、

究極のアイテムを発見!

「ハウル純性交換用チューブ15p」

画像

本来は海釣り(サーフ)で使う 「 ハウル 」 のリアフックを固定させる為のチューブです。
上州屋さんで200円(税別)で購入しました。




このチューブを3ミリ前後にカットしてスピナベにセット。

画像画像

見た感じもシンプルでいい感じ。



使ってみると、チューブの強さが半端ない

特に重めのスピナベに威力を感じます

1オンスクラスの重いスピナベをフルキャストしても、ぐらつく感じが全くしないし、ズレる事も無い。

伸びや曲げに強く、それでいて硬すぎない理想的な素材で、スピナーベイトの使用を容易にする最高のアイテムだと思います。


また、こんなことにも使えないか試したいんですけど・・・。

画像

さすがにやりすぎと言うか、ものぐさしすぎですかね。www



とりあえずガンガン使って、結果報告もしたいと思います。


「やっぱ、チャターはやりすぎかな〜」




記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


こだわりポイント久慈川河口 デイシーバス

2017/11/27 09:43
こだわりのポイント久慈川河口。

今回で3度目の挑戦。

スタートはやや遅れ気味ですが、気持ちのいい朝からの挑戦です。
画像

回遊待ちの釣りは、ひたすら投げ続ける事が基本と信じ、無心でキャストを繰り返します。

が、気付けば、あっと言う間に昼食タイム。

そこで見つけたこの岩。
画像

どうしてこうなったのか、本当に意味不明?誰かが置いたわけでもないだろうし・・・

押してみても、動く気配なんて全然ない。大きさは1メートル以上、水面から5メートル前後の高い位置にドカ〜ンと。

他には小さめな岩さえ見当たらないテトラの最上部に、大きな謎です。

どうして?・・・・・

誰か教えて・・・。


一方、肝心の釣りは、日没まで続けるも1バイト、ノーフィッシュで終了。

きれいな夕日を眺めて帰路につきました。
画像

結局、釣れない、謎も解けない残念な釣行となりました。

これで久慈川デイシーバス3連敗、次こそはと思うけど、どうなる事やら。(涙)


カーネルさんのチャンネル YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCVOtNyJk1yl-r1ADD0t-myg
よろしければご覧ください。



記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年度途中経過、バスフィッシングを語る

2017/11/25 17:55
2017年度途中経過、バスフィッシングを語る

すっかり冷え込む季節になり、バスが釣れる可能性はどんどん下がる一方ですね。

特に川バス狙いのカーネルには、つらい季節に突入です。

ですが2017年も、沢山の釣果と久しぶりのランカーバスにも出会え、ここまでは上出来な状況です。

そして、まだチャンスが残っている以上、ダブルランカーゲットの快挙をぜひ達成したいものです。

では、今現在の状況は・・・。

ラージマウスバス(ブラックバス)
画像

3/17 14:35 体調約46.5p

春先は大きいバスが出やすい季節と言われる通り、ラージマウスでは、春に釣れたこのバスが現時点でのトップ。しかも、ラージの自己記録も更新してくれた一尾です。ヒットルアーはスイミングマスター1/4オンス+スイングインパクトFAT4.8を使用。
画像

口がまだ赤いけど、川バスは3月半ばでも冬を引きずってるのかな?

スモールマウス
画像

9/13 6:13 体長約51p(ランカーバス)

秋の朝マズメで釣れた、自己記録に迫るランカーバス。BFSタックルで強烈な引きを経験。
超〜ドキドキのバイトでした。ヒットルアーはトラウト用のスピナーを、フック交換、スイベル追加でバス用にアレンジして使用。

大きさでは、ラージマウス>スモールマウスのはずなのに、カーネルの自己記録はラージが46.5p、スモールが51.5pと、ベストは未だにスモールマウスのままです。www このねじれ現象は何なんでしょうね。

そしてラージマウスの50アップを釣る事が出来れば、年間ダブルランカーゲットの快挙になるのに・・・。

ん〜、是非、このチャンスをものにしたい。

警戒心の強いランカーバスを釣るには、もっとレベルアップが必要ですが、霞ケ浦釣行も視野に入れて、もうひと踏ん張りです。

「さぁ〜、今年も残すところ1か月弱、気合を入れて釣りに行きますかぁー」。

でも、ちょっと寒すぎです〜。www


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


11月のカーネルの釣りはボウズ確率90%

2017/11/21 00:31
11月のカーネルの釣りはボウズ確率90%

バス釣りにオフシーズンを作らなけらば、毎年のように厳しさを知る11月、たった一度きりのバイトで終わった年も。

今回の釣りも、そんな厳しい釣りを代表する一日となりました。

最初に訪れた河川では、

画像

絶好のインレットも無反応。

それでも橋の上から覗けば、ベイトの群れを見ることも出来た。
画像

映像に捕らえる事は出来なっかったけど、意外と大きな群れも見る事が出来て驚いちゃったりして。
ただ、バスの姿を見つける事は出来ず、別のポイントに移動する事に。


移動後は、テトラ撃ちと、流れにのせたドリフト釣法で挑むことに。
そんな中、テトラの間にブラックバスを発見。
画像

40p前後のブラックバスが3匹も・・・
そっとワームを落とすと、何事もなかったように見切られた〜ガクッ。

ならばもう一度。

我ながらいいポジションに撃てたと息を殺してバイトを待つが、ゆっくり沈んで姿を消して行くバス。しかも3匹そろって。


「やる気のあるラージはいないのか」と、今度は巻きでスモール狙いにチェンジ。

画像

夕まずめの美しい景色を眺めながら巻き続けるも、あっという間に日が暮れ、真っ暗に。
結局、ノーバイト、ノーフィッシュ、ウロコ1枚で終了。(魚種不明)

帰り道も真っ暗。階段は気をつけなくちゃね。
画像

(それにしてもSonyアクションカムは、肉眼より明るく映るからびっくり。)



ボウズで終わった今回の釣りは、4時過ぎにはぐっと冷え込み、耳が冷えて痛くなるほど寒かった。
それに、ルアーがベイトに当たる回数も結構あったかも。てなわけで、次回の釣りは冬の釣りをプラスして挑戦してもいいんじゃないかと思っています。


カーネルさんのチャンネル YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCVOtNyJk1yl-r1ADD0t-myg
よろしければご覧ください。







記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0


夕まずめの小貝川 スモールマウスバスのちょいジャンプ!

2017/11/19 07:36
11月13日
晩秋の夕まずめ、小貝川でバス釣りを楽しむ。
通いなれた釣り場も、1か月ぶりに訪れると、
画像

辺りの草も、ずいぶん枯れていることに気づきます。

今回は午後4時からの釣りで、暗くなるまでの1時間ぐらいを楽しめればいいなと・・・
まずは大好きなカラーのクランクから通して行くと、割と早めに貴重なバイトが。
グンッというあたりと同時に、いきなり水面を割ってジャンプする魚体。そして一気に走る強烈な引きを楽しんでランディングすると40有る無しのスモールマウス。
画像

久しぶりの釣りで久しぶりのスモールマウス、しかも、まずまずのサイズで思わず「ありがとう」の言葉が。

ただ、1つ気づいた事が。
画像

バスがギュンと反っているのを見て、「もう冬の釣りなの〜」と、思わず・・・。これからの釣りは益々厳しくなる予感ですね。


YouTube 《 カーネルさんのチャンネル

夕まずめの小貝川 スモールマウスバスのちょいジャンプ!






記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


小名浜で根魚釣り 黒ソイとのご対面

2017/11/17 09:22
2017/10/15根魚釣りに挑戦
北茨城から小名浜まで足を延ばし、根魚釣りに初挑戦。
その日はサーフのタックル類のみで、仕掛けを同行者に借りての釣行です。聞けば、バス釣りと共通のボトムノックで釣れる場所らしく、楽な気持ちで挑んでみました。
1/2オンス程度のジグヘッドにシャッド系ワームを借りて、シーバスロッドで投げてみます。
水深は10メートル以上。ワームが沈むまで糸を送りながら待ち、ボトムに着いたら、ラインスラッグを取り一休み。ちょんちょんと竿先で軽くアクションをすると、中々いい感触が伝わってきます。ボトムは基本砂地で、小さな岩が多少有る感じ。根掛りに神経質にならずに済みそうです。

アクションを小さめにして探っていると、わずか数投で喜びの瞬間が。

グンッと竿に重さが乗り、ラインが海水を切りながら右に左にと走ります。まずまずの引きを楽しみながら魚を抜き上げると、初めて見る魚とのご対面です。(実は喜びの前に、なんじゃこりゃと見知らぬ魚にビックリ。)
画像

すると近くにいたおじいちゃんが駆け寄り、「ソイけっ」。
慌てて、返事を返そうとしてもこの魚は知らないし、「なんていう魚なんですか」と、逆質問しちゃいました。
「ソイだな」と優しいおじいちゃん。そうこうしていると今回も同行のじゃいあんも駆け寄り「黒ソイじゃ〜ん」と自分のことのように喜んでくれています。
「食べられるんですか?」とおじいちゃんに聞くと、「食べられるよ〜、高級魚だよ〜」と教えていただきました。

結局この日の釣果はこの黒ソイのみでしたが、最高の釣りを楽しむ事が出来ました。
おじいちゃんと、じゃいあんに感謝をして終了です。
画像

そして持ち帰った黒ソイは不慣れな包丁さばきですが、お刺身にしていただきました。
食べてびっくり、黒ソイのお刺身は、最高すぎて言葉が見つかりません。おじいちゃんの言っていた「高級魚だよ〜」の意味が、分かった気がします。

YouTube動画はこちら



記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


カーネルの竿が大きく弧を描く サーフ爆釣編

2017/11/16 10:14
29年8月25日 じゃいあん同行で北茨城

3回目のサーフにして、ついに手ごたえあり。
「やったぜっ、じゃいあ〜ん」。
待ちに待った瞬間が来ました「よ〜しっ、来た〜〜〜」。
前回の釣行から使い始めた新しいロッドがついに弧を描き、ググッ、ググッと幸せの瞬間です。波を乗り越え、砂浜に魚を上げるとそれは紛れもないヒラメではありませんか。
画像

「やったぜ〜」。時間は午前5時45分のおはようフィッシュ。
でもその場に近寄ってきたじゃいあんが一言。
「ソゲだね」。
「ソゲ?」。誉め言葉にしては声のトーンも低いし、「どっ、どう言う事?」。
そうでした。40p未満はソゲ、40p以上がヒラメって何度も聞いていたのに、あまりの嬉しさに飛んでいた〜。ハズッ
きちんと測るまでもなく、手でだいたいの大きさを測ると35p前後。大きさは残念だけどとりあえず釣れた結果には大満足。優しくリリースすると、今度こそヒラメを釣ってやると頑張りました。

キャストしては横移動を繰り返し、スローなランガンをすること1時間! 今度は、ガツッとした巻きの中での手応えに「ヨッシャ〜〜」。でも、引きが弱いような気が・・・・・、竿先を見てもあまり大きな魚じゃないようです。波にもまれないよう、丁寧に砂浜まで魚を上げると、やっぱりソゲでした。
画像

手でだいたいの大きさを測ると、36〜37p。ちょいサイズアップもソゲはソゲ。

この後3時間以上ノーバイト。でも潮が引きはじめ初心者の自分でも魚のついているポイントが分かりやすくなってきました。そんな中、自分のランガン範囲の浜で、一か所だけ深くえぐれたポイントを大発見。今度は一点集中でキャストすることに。時間は午前10時23分、フォール中にググッとやや強い当たりが発生。「また来た〜」。
今度は約50メートル先でのバイトだけに慎重に魚を寄せると、またソゲ。
画像

手でだいたいの大きさを測ると、35p前後。ソゲ、ソゲ、ソゲの3連発。もしかしたら今日は全部ソゲだったりして、と悪い予感が。そしてこの後昼食をとり、マズメまで釣りを続けようと頑張るカーネルですが・・・・・

画像


画像

初マゴチをゲット


画像


画像


マズメまで続けようとした釣りですが、ソゲの連続。
最後のソゲのサイズダウンで心が折れました。いないから釣れないのか、いても釣れないのか、実力の無いカーネルにはヒラメは早いという事でしょうか?時間は午後3時50分、マズメまで釣りを続ける気力も失い、ここで終了することに。
ただ、頑張りのご褒美『マゴチ』を2匹持ち帰り、お刺身で頂くと、家族全員が「美味しい」「美味しい」の連続。孫まで大絶賛で大喜び。カーネルはヒラメを釣りたい一心でしたが、マゴチの美味しさに救われました。いやいや、この美味しさから、マゴチ狙いで釣りをするのも最高かもと、北茨城での釣りも大・大・大満足で終了です。


サーフ爆釣編でも最後までお付き合いのじゃいあんさん、「有難う御座いました」。
半端な時間で終了したために、下道で帰宅のじゃいあんは大渋滞の中の帰宅となったそうで「ごめんなさい」。これに懲りず次回もよろしくです。



記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


初めての海釣り「サーフ」

2017/11/14 09:02
今年の7月

上州屋でルアー選びをしていると、友達から電話が入った。「久しぶり、今何してるの」の問いに、釣り具やにいることを伝えると、「俺も、結構釣りやってんだよ〜」と、友人。
この電話で、彼も結構な頻度で釣りをしていることを知ります。もちろん、お互いがお互い、これほど釣りをしているなんて思ってもいませんでした。
何せ、あんなやんちゃな彼が釣りなんて、それに、何年も前からニコ生配信までも。カーネルの知る彼と、ニコ生での『じゃいあん』としての彼の違いに、めちゃめちゃ驚きました。www
そしてここから、彼に海釣りを教わり、まずはサーフでヒラメ釣りをする事に・・・

広い海は魚がどこにいるのかわからない

まずは、ルアー経験を生かせるサーフの釣りをじゃいあんに教わりながら始めるも、魚のいる場所がわからない。経験者は砂浜の形や波、潮の流れで魚のついている場所がだいたい分かるらしいのでが、海釣り初心者のカーネルには違いがまったく分かりません。
更に潮の満ち引きも初めて体験。ふと気づくと海面の高さが変わっていることにまた驚きです。川や野池に潮汐なるものは意識する必要性も無いし、考えたこともありません。
そして初回のサーフ釣果は、6時間歩き続け、投げ続けて、このフグのスレガカリのみに終わりました。
画像

一方のじゃいあんはと言うと、あっさりとヒラメを釣り上げ、実力の違いを見せつけます。またニコ生配信者である彼は釣り配信をしながら釣り上げるというレベル。じゃいあんにしてみればチャンスのある事まで分かっていたらしいですが、経験と実力の差をとても大きく感じました。

画像

余裕のじゃいあん


そしてこのやり取りの中など、ニコ生に映る自分を見たじゃいあんのリスナーさんから、カーネルさんと呼ばれ、今ではチャンネル名にするまでになりました。このチャンネル名(YouTube&ブログ)の名付け親はニコ生リスナーと言う事は間違いないと思います。www
最後に、じゃいあんの釣ったヒラメはお土産としてカーネルが持ち帰り、お刺身で美味しくいただきました。「今思えば写真に残しておけばよかったな〜」。


次回は爆釣サーフを準備中です


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


撮り直し、そして念願のYouTubeスタート!

2017/11/13 08:08
カーネルさんのチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCVOtNyJk1yl-r1ADD0t-myg
ついに、YouTubeチャンネルのスタート!

29年10月

今回の動画撮影では、多少のおしゃべりやリアクション、釣り上げた後のバスをかざすシーン撮影など、ある程度のビジョンを持って撮影に挑みました。ですが、いざ動画撮影を始めると、変な緊張でロレツも回らないし、周りには散歩をする人など、いつも以上に多く感じて、「どうすりゃいいの っ〜」て。
そして撮影開始早々、タックルバックの中を探ると、自分が情けなくなる出来事が。ほんと情けない。なんと今日使うはずのルアーを、ケースごと忘れて来た事がわかり、ん〜〜。

「やっても〜た〜」。

「最悪だ〜」。


思わず大きな声を出しても始まらず、何か手はないかとバックの中を探してみると、バックの中身はキャラメルシャッド3.5インチのワームが1つだけ。仕事に行く前のわずかな時間(朝マズメ)の釣行だけに、取りに戻れば撮り直しも失敗するかも。
そこで、「もしもし、今から持って来てほしい物があるんだけど・・・」。困ったときの嫁頼みで電話すると、「いいよ」と届けてくれることに。イェーイ!
これで何とかなるかもと撮影の準備を整え、奥さんを待つことに。

画像

届けてもらった忘れ物


奥さんが到着した頃には変な緊張も和らぎ、ちょっとはやれそうな気がしてきました。そして忘れ物を受け取ると、感謝の気持ちを胸に、動画撮影を再開です。
限られた時間を無駄なく、釣りと撮影に使う事が出来たのは奥さんのおかげでした。ネットだけではなく、身近な所にも協力してくれる人がいなければ動画アップは大変な作業になる事を痛感いたしました。
ブログでもあらためて「奥さん、有難う御座いました」。

その時のYouTube動画がこちらです

2017秋 ただ巻きのセコ釣り 小貝川で小バス釣り


そしてここからYouTubeチャンネルのスタート、初の動画投稿になりました。またこの動画は、自己紹介をかねて、カーネルのその名のイメージ通り、(白髪頭でメガネ)お爺ちゃんである事なども話しながら、記念すべき釣り動画になりました。

この動画をアップするまでのエピソード(ドタバタ)が、カーネルの成長につながればいいんだけど・・・。

次回はカーネルと呼ばれ始めたニコ生、初めての海釣りを

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


奇跡の一投、小バスを釣るも・・・

2017/11/12 06:00
29年10月

Amazonから待ちに待ったソフト(パワーディレクター14パッケージ版)が到着。
さっそくインストール、テンポよく進み感動のご対面。
使い方もある程度下調べ済みだし、サクサク行けそうな気が。
動画を取り込み、分割・削除を数回繰り返し、あの奇跡の一投を見事に編集することが出来ました。

肝心のモザイク処理はこんな感じ

画像


この日の釣りは45分間の短い間に、数匹のブラックバスを釣る事が出来て、しかも動画撮影も出来ている。
申し分のないこの状況で、編集を進めるカーネルは重大なことに気づいてしまいした。

面白い場面が全然無い
ただ釣ればいいっていう訳じゃない


編集して気づいた最悪の結果に、さすがのカーネルも心が折れそうです。
そして考えました ・ ・ ・ ・ ・
「撮り直そう」 それが結論です。

でも、この動画も無駄にしたくない。そこで 「 バイト特集動画 」 として再編集し、一時保存することに。
日の目を見ることがあるかというより、初動画、初キャストで釣る事が出来たあの軌跡を、ボツにしたくない一心でした。
そして順番こそ2番目の投稿になりましたが、YouTubeにアップする事が出来ました。
ブログだから語る事が出来た、奇跡の一投が納められた動画がこちら


秋の数釣りバイト特集!「制限時間45分」結果は?


2分少々の短い動画ですが、自分には思い出たっぷりの動画になりました。
ちなみに2投目でも釣ることが出来て、奇跡は2度続いていました。w

では、撮り直した動画はどうなったのか。
次回は撮り直し動画にて







記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


動画編集ソフト決定

2017/11/11 08:03
29年9月 末

暑さも和らぐこの時期は、バス釣りのベストシーズン。
小さなブラックバス(小バス)の集まる場所がわかりやすく、場所がわかってさえいれば、ルアーをキャストして、ただ巻くだけで釣る事が出来る、とっても楽しい季節です。だからこそ、初めての釣り動画撮影でも、あまり苦労することなく、動画撮影に成功した感じでした。
ただ、小バスばかりの釣り動画になってしまいましたけど。(笑)

動画撮影には成功したものの

帰宅して動画をチェックしてみると、「えっ、なんで」。
左隅に奥さんが写っていることにビックリ。

画像

動画NGだからと言われていたのに、大失敗。写真では一部ですが、動画ではガッツリです。(涙)
しかも、初動画の初キャスト、第一投目で釣る事が出来た奇跡の小バスなのに、ボツにしなければいけないのか最大のピンチ。

カット編集で何とかなるかも、ということで動画編集を始めることに。Windowsライブムービーメーカーを起動して画像を取り込むと、ガーン!MP4ファイルが真っ黒のまんま。どうしたらいいのかネット検索をしてみると、変換やら何やらでますます混乱。

終わった・・・・・・・

見切り発車の典型的な失敗。どうしたらいいか考え込んでいると、
「編集ソフトを買えばいいんじゃないの」と、奥さんがニコッとしながら言ってきた。
「なるほど!それしかない!」

はいっ、ここでまたカーネルのお勉強タイム

動画編集ソフトでネット検索をすると、種類と数の多さにビックリ!! こんなにある中からどれを選べばいいのか、また考え込んでいると・・・
「無料ソフトもあるんだね」と、奥さん。

「やめてくれ〜」

「選びきれない〜」


そこでいったん考えを整理しようと、目的・必要性などまとめていると、モザイク処理の重要性、起動している時のパソコンへの負担など、選ぶポイントがはっきりしてきた。(いまさらかよっwww)
そしてついに、数ある編集ソフトの中から「 パワーディレクター 」を購入することに決定しました。決め手は、重くなりにくいというコメントが多かったことから選択しました。Windows98からパソコンに触れてきた自分には、フリーズのトラウマがいまだに強く、軽さ重視で決定しました。
(ただしパワーディレクター14の在庫処分品ですけど)
無料ソフトや低価格ソフトの中にも、自分に合いそうなソフトはいくつかありましたが、ライセンスやらなんやらですっきりしない部分を考えると、いい選択だったと思っています。

動画投稿への道のりはまだまだ遠く感じますが、カーネルはあきらめません。
今回のドタバタは、撮影から動画ソフト選びまでで終了です。

次回は、動画編集編で!


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


やれるのかカーネル!動画投稿への第一歩

2017/11/09 21:29
29年9月

軽い気持ちで始めようとしたYouTubeが、こんなに大変だなんて信じられない。
ちょっとしたアルバム程度に考えていた動画投稿、出来ることがいっぱいということは、勉強しなければいけない事もいっぱいって事でした。
まずは動画撮影をしなければと思いiPhoneで撮影開始。
自分の思いとは大きくかけ離れた動画に 「・・・・・」。
こんなはずではなっかった。
と言うわけでカメラを購入することに。

はい、またここでお勉強タイム。
買うのはいいけど、どれを買えばいいのかもわからないし知識もない。
勢いだけではどうにもならないことを思い知らされて1日目は終了です。
やれるのかカーネル!
YouTubeの動画投稿はできるのか?

その夜。
考えに考えたあげく、釣りをするならアクションカムという結論に至り、カメラはソニーアクションカムに決定しました。
さっそく電気店に行くと予算は全然足りてない。
ネットで検索しても、セットで必要なものをそろえればかなりの額になる事は分かっていたので、やることは一つ。

「店員さん」。

「お願いします」。

「このセットを、値下げして下さい」。

「おっ、お願いします」。

何度も繰り返し交渉し、
ジャジャ〜ン!
やりました。このセットをネット価格とほぼ同額で購入できました。
そして驚きのその価格は「 税込みで結構ですよ」 の神の声。
「ありがとうございます」。
これがその時購入した商品です。
画像

ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム 空間光学ブレ補正搭載モデル(HDR-AS300R W)
ソニー SONY バックパックマウント VCT-BPM1 C SYH
SanDisk Ultra PLUS microSDHCカード 16GB は付属

次回は動画編集のドタバタです




記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


月別リンク

カーネルさんのチャンネル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる